No.010 蔦額 〜2月〜
2月の ある 朝方

黒い蔦の トンネルを抜けると

其の奥には

人目に触れぬ林が

ひっそりと存在していたのを

僕は見た
プラウザの「戻る」で御戻り下さい